2015年06月29日

シナノゴールドの摘果

桃の袋かけが終わり、リンゴの本摘果に入っています。

blog150629-2.jpg

シナノゴールド。
今年はサビが少なめかな・・・?


blog150629-3.jpg

実が大きくなると、手でもぐのはキツクなってくるので、はさみを使って摘果することもあります。
posted by 鶴岡農園 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎

青空に映える

blog150629-4.jpg

ふと上を見上げると、花が咲く前からそれとわかる形の長ちゃん。


posted by 鶴岡農園 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | かぼちゃ

2015年06月27日

割肥

肥料を施す方法は、土に肥料を混ぜ込むいわゆる全層施肥が普通ですが、割肥(もしくは局所施肥)というやり方もあります。土中のある部分に集中して肥料を置きます。

じゃがいもでは種芋と種芋の間に肥料をおく割肥は、一般的な方法ですが、他の作物ではあまり聞きません。

故人ですが、井原豊さんという方は「への字稲作」の提唱者としても有名な百姓ですが、この方は著作の中で、割肥を利用した栽培法を勧めています。私も本を読んでからこの施肥方法が気になってしかたありません。今では家庭菜園ではかなりの割合で割肥を用いています。

実は以前も行ったのですが、今回、余ったかぼちゃの苗でちょっとした実験をしてみました。

実験といっても割肥を入れたポットでかぼちゃを育てるだけです。

blog150627-1.jpg

地上部はこんな感じ。

blog150627-3.jpg

抜き出してみるとこんな感じ。
反対側は・・・

blog150627-2.jpg

根っこが集中している部分にし尿を堆肥化したものが入っています。

びっしりと絡み付いています。

blog150627-4.jpg

「偶然」ではありません。

こちらは別のポット。

blog150627-5.jpg

こちら側が割肥のある場所。

blog150627-6.jpg

こちらが逆。

う〜ん、やっぱり根っこは肥料を探して伸びるんだな。


posted by 鶴岡農園 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | かぼちゃ

2015年06月24日

大きくなあれ

blog150624-2.jpg

花がつく前になるべく大きくなってもらいたい!!

でも窒素をやってムリヤリ大きくすると、徒長して花がつかなくなるので、さじ加減が難しいです。
posted by 鶴岡農園 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 枝豆

かぼちゃに難敵?

blog150624-4.jpg

今朝、畑に行くと、なんと一部のかぼちゃが何者かに食い荒らされた痕がありました!

茎が途中からもぎ取られていたり、葉っぱが半分になっていたり・・・

最近畑をよくうろついているキジの仕業かと思いましたが、それにしてはかなり力技で荒らされた模様。

タヌキ、イノシシ、鹿、まさかの熊・・・?

目をつけられてしまったならヤバイですね・・・


blog150624-1.jpg

気を取り直して雌花に授粉。

トンネルらしい形になって、花がたくさん咲くようになると、ハチの羽音がワンワンすごいのですが、今はまだ見かけません。

blog150624-3.jpg

「えびす」の幼果。

かわい〜・・けど、まだ花が咲く前です。受粉しなければ落ちてしまいます。

blog150624-6.jpg

心配していたメロンもだいぶ伸びてきました。
でも急がないと間に合わないぞ!
posted by 鶴岡農園 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | かぼちゃ