2015年10月30日

桃の雑用あれこれ

枯死が多かった畑の川中島白桃を半分方切ってしまったので、その枝や切り株を燃やしました。

まだ樹が若めだったので、それほど苦労はしませんでした。

リンゴに比べると、桃の木は乾燥しやすく、軽いため良く燃えます。

blog151029-1.jpg

根っこの土は落としておかないとね。

blog151029-2.jpg

左端では芋を焼いています。

blog151029-3.jpg

いくら桃を植えても枯れてしまうので、植え穴の土をそっくり入れ替えることにしました。

左が土、右が堆肥です。

客土用の土はちゃんと購入すると堆肥より高いのですが、

ちょうど近くで土木工事をやっていたので、山土を格安で運び込んでもらいました。

ラッキー!


blog151029-4.jpg

桃の台木「ネマガード」の実。

収穫してからしばらく放置していました。
半分腐ってやわらかくなってきたので、果肉を除いて種を取り出します。
posted by 鶴岡農園 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年10月25日

わら運び

blog151025-1.jpg

若木の防寒と有機物マルチ用に近所の農家さんからワラをもらってきました。
もう何年もお世話になっています。

束ねてワラでしばるときに、ギュギュッと体重をかけます。
途中で解けると悲しいので、しっかりしばります。


posted by 鶴岡農園 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年10月22日

順調ですか?

blog151020-2.jpg

「ふじ」の葉摘みを行っています。
葉摘みをしたら1週間〜10日くらい陽にあてて、そのあとで裏表をひっくり返す「玉回し」を行うのがよいのですが、
この時期になると、時間がないので、葉摘みと同時に玉を回してしまいます。

blog151020-1.jpg

すでに蜜が入り始めています。

まだ本来のふじの味ではありませんが、けっこう美味しいです。
posted by 鶴岡農園 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎

2015年10月09日

ジュースの行方は・・?

blog151008-3.jpg

コンテナ満載のリンゴたち。いわゆる「加工用りんご」です。
生食用からはじかれたリンゴだけで結構な量になります。
(ウチだけじゃありませんよ、もちろん)

TPP交渉でリンゴも数年後の関税撤廃が決まりました。
海外でもわりと果物は高いので(そう思っている)、輸入が急増することはないと思いますが、問題は加工用。

国産でもかなりの量の加工リンゴが出て、けっこう安く(Kg20円くらい)買われているにも関わらず、国内で出回るリンゴ果汁の50%は輸入物だそうです。この比率は関税撤廃にともなって増えるのではないかとビビっています。

blog151008-2.jpg

シナノスイート選果中。

posted by 鶴岡農園 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎

2015年10月02日

ふじもいろいろ

ふじは日本のリンゴの中でももっとも種類の豊富なリンゴです。

「早生ふじ」と呼ばれる系統は除いても、かなりの数があります。

新しい「ふじ」はだいたい着色が良いです。

blog151002-1.jpg

こっち新しいの。

blog151002-2.jpg

こっち昔からの。

やや大げさな例を挙げましたが、着色の差は歴然です。

以前も書きましたが、ただ味は古い系統のほうがよいかもしれません。


posted by 鶴岡農園 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎