2012年06月12日

袋かけ始めます

blog120612-1.bmp



blog120612-2.bmp

桃の袋かけを始めました。
平年よりだいぶ早いのですが、今年はリンゴの自然落果が多かったせいもあって摘果がはかどり、一番摘果が終わってしまったので、さっさと桃の本摘果&袋かけをやってしまいます。

桃の袋かけを早くやる弊害というのは、

・生理落果がこれから起こることがある→袋かけが無駄になる。最終着果量が減る。

・まだ小さいので双胚果(種のもとになる胚が二つできてしまう。落果の原因になる)の見極めが難しい。

blog120612-4.bmp双胚果の断面。

などがありますが、前者に関してはやむをえません。後者は注意深く見ればだいたいわかります。

一方で、早く袋をかけることにより、

・着色がより鮮明になる。
・穿孔細菌病などの病虫害の被害を受けづらくなる。
・早めに着果量をしぼるため、肥大がよくなり、樹の負担も減る。

などがあります。

梅雨入りしたとはいっても、まだあまり降ってこないので、今のうちに進めてしまいたいです。
タグ:桃 袋かけ
posted by 鶴岡農園 at 05:55|